代表挨拶

平素は格別なるご支援とご高配を賜り心より感謝申し上げます。

創業者 鳥部松治 私の祖父が昭和12年に個人にて鳥松製作所を創業してから、早いもので今年で79年を迎えます。ここで祖父が事業を始める動機となった事を私の父から聞いた範囲で話させていただきます。

 

 若い祖父は運送店に勤めていたとき、チョットした不注意で足の指を貨車で踏み潰すような大怪我をしたことが転機となりました。力仕事は出来なくなり、親子4人で生きてゆく手段として、燕、三条の地場製品を行商する金物卸の世界に足を踏み入れました。友人、恩人の助言に勇気づけられて仕事を始めることになりますが、商品の事は未経験である為に何もわからないところからのスタートでした。しかし持ち前の天性の明るさと人間性が大いに役に立ち、多くのお得意様の信頼を頂きながら今日の株式会社エムテートリマツの基盤を創りました。

 

 父、鳥部勝敏(二代目)は7人兄弟の長男として育てられました。祖父の後姿を見て育ちました。幼少の頃より怖い親であると感じながら、しかし包容力のある素晴らしい両親であったと感謝の気持ちを述べております。残念ながら先々代社長は昭和46年12月28日に行年62歳で逝去されました。又、先々代創業者の遺言として父が肝に銘じていたことは『兄弟仲良くして力を合わせて商売に取り組んでほしい』ということです。父とその兄弟そして社員が会社を盛り上げ、取引様様に支えてくれて現在に至っております。昭和39年2月株式会社鳥松製作所として会社組織にし、昭和50年10月に現在地の物流センターに進出いたしました。

 

 そして平成2年8月に現在の社名である株式会社エムテートリマツと社名を変更しました。今の業務用キッチン用品を主力商品とし会社組織にしたのは二代目社長の時代です。

 

 私は平成21年12月より三代目社長になりました鳥部一誠と申します。リーマンショック後の厳しいときでした。しかし我々新世代は足をとめている暇はありません。三方良しの経営を実践し社会のお役に立てる企業創りに邁進する覚悟でございます。そして更に100年200年と続く強い、そしてより良い会社を目指し社員一丸となり取り組んで参ります。 

 

 今後とも変わらぬご支援とご厚情を節にお願い申し上げご挨拶といたします。

 

株式会社 エムテートリマツ
代表取締役 鳥部 一誠